Contact
九州大学 生体防御医学研究所
〒812-8582
福岡市東区馬出3-1-1
TEL 092-642-6814
FAX 092-642-6246
生体防御医学研究所
ロゴのダウンロード
TOPICS
2024.04.08 (Mon) NEW NEWS
研究所の使命を更新しました
2024.04.01 (Mon) NEW NEWS
研究所の機構を更新しました
2024.03.29 (Fri) NEW プレスリリース
血液凝固因子の正常な分泌に必須なカーゴ受容体の全長構造をクライオ電子顕微鏡によって解明 -従来の定説を覆す四量体の全長構造と亜鉛による制御機構を解明-【トランススケール構造生命科学分野】
2024.03.21 (Thu) NEW プレスリリース
細胞分化で遺伝⼦が正確に働くための新たな仕組みを初解明 -がん研究や幹細胞研究、再⽣医療など広い分野での貢献に期待-【佐々木研究室(エピゲノム制御学)】
2024.03.06 (Wed) 17:00~18:00  生医研セミナー
  • 演題:Deciphering transcriptional mechanisms to drug them: a path from development to rare diseases
  • 演者:Prof. Mathias Francois (University of Sydney School of Medical Science and The Centenary Institute)
2023.06.21(Wed) NEWS
九州大学 生体防御医学研究所・医学研究院 大学院生(修士・博士課程)募集および説明会
2023.12.15 (Fri) NEWS
令和6年度 共同研究・研究集会の公募を開始しました
研究発表 (顕著な論文)
2024.03.21 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE NEW
Molecular Cellオンライン版に「H3K4me1 facilitates promoter-enhancer interactions and gene activation during embryonic stem cell differentiation」が掲載されました【佐々木研究室(エピゲノム制御学)】
2024.03.16 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE NEW
Nature Commun.オンライン版に「Structure of full-length ERGIC-53 in complex with MCFD2 for cargo transport」が掲載されました【トランススケール構造生命科学分野】
2024.03.05 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE NEW
Mol. Psychiatryオンライン版に「The complex etiology of autism spectrum disorder due to missense mutations of CHD8」が掲載されました【分子医科学分野】
2023.10.30 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE
J. Exp. Med.オンライン版に「STIM-mediated calcium influx regulates maintenance and selection of germinal center B cells」が掲載されました【免疫ゲノム生物学分野】
2023.08.08 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE
Nature Commun.オンライン版に「Cryo-EM structures of human zinc transporter ZnT7 reveal the mechanism of Zn2+ uptake into the Golgi apparatus」が掲載されました【トランススケール構造生命科学分野】
2023.05.19 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE
Science Advancesオンライン版に「Molecular evolution of Keap1 was essential for adaptation of vertebrates to terrestrial life」が掲載されました【分子医科学分野】
2023.05.09 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE
Nature Commun.オンライン版に「Zinc homeostasis governed by Golgi-resident ZnT family members regulates ERp44-mediated proteostasis at the ER-Golgi interface」が掲載されました【トランススケール構造生命科学分野】
2023.04.24 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE
EMBO J.オンライン版に「The ASC-1 complex promotes translation initiation by scanning ribosomes」が掲載されました【分子医科学分野】
大型研究費・受賞
2024.03.27 NEW
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)【難治性疾患実用化研究事業(再生・細胞医療・遺伝子治療のシーズ探索研究)】に『可動式塩基編集技術による高精度遺伝子治療法の開発』(研究代表:川又 理樹 助教・器官発生再生学分野)が採択されました。
2023.12.20
増田 隆博 教授(分子神経免疫学分野)が、第20回(令和5(2023)年度)日本学術振興会賞を受賞しました。
2023.09.20
【令和5年度 共同利用・共同研究システム形成事業】「学際領域展開ハブ形成プログラム」に『4D システム発生・再生学イニシアティブ』が採択されました。
2023.09.19
科学技術振興機構(JST)【戦略的創造研究推進事業(CREST)】の「データ駆動・AI駆動を中心としたデジタルトランスフォーメーションによる生命科学研究の革新(バイオDX)」に『マルチモーダル時空間統合オミクス解析による哺乳類細胞運命制御基盤の理解』(研究代表:落合 博 教授・遺伝子発現動態学分野)が採択されました。
2023.09.19
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)【革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST)】の「ストレスへの応答と疾病発症に至るメカニズムの解明(研究開発領域)」に『非神経細胞のストレスエングラムから読み解く心的フレイルの統合的理解と診断的治療への応用』(研究代表:増田 隆博 教授・分子神経免疫学分野)、「免疫記憶の理解とその制御に資する医療シーズの創出(研究開発領域)」に『病原性記憶B細胞による自己免疫応答メカニズムと疾患病態の理解』(研究代表:馬場 義裕 教授・免疫ゲノム生物学分野)が採択されました。
2023.05.29
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)【次世代がん医療加速化研究事業】に『膵がん幹細胞表面に特異的に発現する分子に関する研究開発』(研究代表:中山 敬一 主幹教授・分子医科学分野)が採択されました。
2023.04.10
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)【革新的がん医療実用化研究事業】に『難治性がんを標的とした代謝酵素阻害薬の創出』(研究代表:中山 敬一 主幹教授・分子医科学分野)が採択されました。
2023.04.07
大川 恭行 教授(トランスクリプトミクス分野)、野島 孝之 准教授(腫瘍防御学分野)の2名が、令和5年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「科学技術賞」を受賞しました。