研究発表 (IF>=10のみ)
2020.09.11 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE
Nature Commun.(IF=12.121)オンライン版に「Protrudin and PDZD8 contribute to neuronal integrity by promoting lipid extraction required for endosome maturation」が掲載されました【分子医科学分野】
2020.08.17 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE
Nat Protoc.(IF=10.419)オンライン版に「Chromatin integration labeling for mapping DNA-binding proteins and modifications with low input」が掲載されました【トランスクリプトミクス分野】
2020.08.05 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE
Molecular Cell(IF=15.584)オンライン版に「The Dynamics of Transcriptional Activation by Hepatic Reprogramming Factors」が掲載されました【器官発生再生学分野】【トランスクリプトミクス分野】
2020.06.22 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE
Nat. Immunol.(IF=23.530)オンライン版に「Tet2 and Tet3 in B cells are required to repress CD86 and prevent autoimmunity」が掲載されました【免疫ゲノム生物学分野】
2020.03.17 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE 
Nat. Commun.(IF=11.878)オンライン版に「A shift in glutamine nitrogen metabolism contributes to the malignant progression of cancer」が掲載されました【分子医科学分野】【プロテオミクス分野】【メタボロミクス分野】
2019.10.18 RESEARCH RESULTS PRESS RELEASE
Nat. Commun.(IF=11.878)オンライン版に「Phagocytosis is mediated by two-dimensional assemblies of the F-BAR protein GAS7」が掲載されました【構造生物学分野】
大型研究費・受賞
2020.10.19
戦略的創造研究推進事業(さきがけ)「数学と情報科学で解き明かす多様な対象の数理構造と活用」に「生命現象の定性的理解を支援するデータ解析技術の創出」(研究代表:前原 一満 助教・トランスクリプトミクス分野)が採択されました。
2019.12.24
池田 史代 教授(炎症制御学分野)が第16回(令和元年度)日本学術振興会賞を受賞しました。
2019.10.09
三浦 静 特任助教(器官発生再生学分野)が令和元年度 九州大学若手女性研究者・女子大学院生優秀研究者賞(九州大学女性優秀研究者賞(伊藤早苗賞))の【若手女性研究者部門】最優秀賞を受賞しました。
2019.09.29
戦略的創造研究推進事業(さきがけ)「ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出」に「組織特異的ゲノム構造の再構築技術の開発」(研究代表:原田 哲仁 助教・トランスクリプトミクス分野)が採択されました。
2019.09.26
革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST)に「胎児・母体免疫クロストークによる生体恒常性維持と疾患感受性決定の分子基盤」(研究代表:福井 宣規 主幹教授・免疫遺伝学分野)が採択されました。