第24回生医研リトリート2022が開催されました

令和4年7月11日、12日に生体防御医学研究所所属の全教員・大学院生の研修及び親睦を目的として、第24回生医研リトリート2022を開催しました。今年度はホテル&リゾーツ佐賀唐津にて約130名の参加者を迎え、感染対策を徹底した上で3年ぶりの現地開催が行われました。

福井所長の挨拶で幕を開け、15演題の口頭発表ならびに質疑応答が行われました。今年は初の試みとして発表と質疑応答の言語を日本語・英語両方とも可としました。また、28演題のポスター発表でも活発な議論が行われました。今年も例年通りオーラル発表のセッションごとに質問賞を設け、またオーラル・ポスター発表の投票権を全参加者へ付与しました。

 

7月12日の午前に、恒例の優秀発表者の表彰が行われました。表彰者は以下の通りです。

◎口演発表
最優秀口演賞白石 千瑳(分子医科学分野)
優秀口演賞松原 圭佑(免疫遺伝学分野)
優秀口演賞松井 亜子(アレルギー防御学分野)
◎ポスター発表
最優秀ポスター賞市原 知哉(分子医科学分野)
優秀ポスター賞鈴木 陵雅(器官発生再生学分野)
優秀ポスター賞和田 玲緒名(分子医科学分野)
◎質疑
優秀質問賞上村 修平(エピゲノム制御学分野)
優秀質問賞白石 大智(分子医科学分野)