第18回生医研リトリート2015が開催されました

平成27年7月16日、17日に生体防御医学研究所所属の若手研究者・大学院生の研修及び親睦を目的として、第18回生医研リトリート2015が開催されました。例年のように熊本県のホテルセキアを会場として、総勢156名が参加しました。

今年は全ての口頭発表・質疑応答を英語で行いましたが、17演題の口頭発表および41演題のポスター発表はどれも活発な質疑が交わされ、会場は熱気に満ちていました。

 

7月17日、恒例の優秀発表者の表彰が行われました。表彰者は以下の通りです。

◎口演発表
 最優秀口演賞田尻 裕匡(免疫遺伝学分野)
 優秀口演賞森 大輝(分子免疫学分野)
 優秀口演賞喜多 泰之(分子医科学分野)
◎ポスター発表
 最優秀ポスター賞  井上 晃太(エピゲノム制御学分野)
 優秀ポスター賞三浦 静(器官発生再生学分野)