「平成28年熊本地震」で被災された皆さまへ
平成28年4月14日以降数日間に渡り発生しております「平成28年熊本地震」により、被災された皆さまへ、心よりお見舞い申し上げます。 また、被災地等におきまして、救援や復興支援などの活動に尽力されている方々に深く敬意を表しますとともに、皆さまの安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

平成28年4月18日
九州大学生体防御医学研究所
所長 中別府雄作

「個別研究支援事業」募集のお知らせ
今回の地震で被災された大学等、研究機関におかれましては、研究活動にも大きな支障があるここと存じます。このため、生体防御医学研究所では、被害を受けられた研究者の皆様の研究教育活動の早期回復を支援するために、共同利用・共同研究拠点(多階層生体防御システム研究拠点)の活動の一環として「個別研究支援事業」を募集いたします。

詳しくはこちらをご覧ください。
TOPICS
2016.11.2(Wed)-3(Thu)ニュース
第26回ホットスプリングハーバー国際シンポジウム が開催されました
テーマ :Trans-omics: New Approaches in Biology and Medicine 2016
開催場所:九州大学 病院キャンパス内 コラボステーションI
2016.12.21 (Wed) 16:00~17:00生医研セミナー
演題:The impact of B cells on the regulation of immune diseases and underlying mechanisms
演者:馬場 義裕 先生
2016.12.21 (Wed) 13:30~14:30生医研セミナー
演題:Mechanisms underlying differentiation and functions of immune tolerance-inducing thymic epithelial cells
演者:秋山 泰身 先生
2016.12.21 (Wed) 9:30~10:30生医研セミナー
演題:The tumor suppressor APC and Wnt signaling in colorectal cancer
演者:川崎 善博 先生
2016.11.30 (Wed) プレスリリース
ヒトTFAM がアルツハイマー病の原因を抑制することを発見~アルツハイマー病の新たな治療法の開発に期待~【脳機能制御学分野】※医学研究院との共同
2016.11.24 (Thu) プレスリリース
結核菌を感知するセンサー分子を発見~様々な感染症および次世代の結核ワクチン開発に期待~【免疫制御学分野】【分子免疫学分野】
2016.11.18 (Fri) プレスリリース
世界初!細胞をがん化させる新しいがん遺伝子GRWD1を発見【分子医科学分野】※薬学研究院医薬細胞生化学分野、国立がん研究センターとの共同
2016.10.03 (Mon) ニュース
平成29年度共同研究・研究集会の公募を開始しました
公募の締切日は2017.02.24(Fri)です
研究発表 (IF>=10のみ)
2016.11.23 PRESS RELEASE
Immunity(IF=24.1)オンライン版に「C-type lectin receptor DCAR recognizes mycobacterial phosphatidyl-inositol mannosides to promote a Th1 response during infection」が掲載されました【免疫制御学分野】【感染制御学分野】
2016.11.01
J Clin Invest.(IF=12.6)オンライン版に「Deficiency of base excision repair enzyme NEIL3 drives increased predisposition to autoimmunity」が掲載されました【脳機能制御学分野】
2016.09.27
Nat. Commun.(IF=11.3)オンライン版に「Protein kinase D regulates positive selection of CD4+ thymocytes through phosphorylation of SHP-1.」が掲載されました【免疫制御学分野】(共同利用・共同拠点研究課題)
2016.09.08 PRESS RELEASE
Nature(IF=38.1) オンライン版に「CHD8 haploinsufficiency results in autistic-like phenotypes in mice.」が掲載されました【分子医科学分野】【情報生物学分野】【トランスクリプトミクス分野】
2016.04.14
Hepatology(IF=11.1)オンライン版に「Suppression of let-7b and miR-125a/b maturation by Lin28b enables maintenance of stem cell properties in hepatoblasts.」が掲載されました【器官発生再生学分野】
大型研究費・受賞
2016.09.30
山崎 晶 教授(免疫制御学分野)が第52回小島三郎記念文化賞を受賞しました
2016.09.16
戦略的創造研究推進事業(CREST)「統合1細胞解析のための革新的技術基盤」に「細胞ポテンシャル測定システムの開発」(研究代表:大川 恭行 教授・トランスクリプトミクス分野)が採択されました
2016.04.12
文部科学大臣表彰「科学技術賞」を本研究所の2名の教授が受賞しました
  • 山崎 晶 教授(免疫制御学分野)
  • 鈴木 聡 客員教授(防御システム再生学分野、2016年3月までゲノム腫瘍学分野教授、現神戸大学大学院医学研究科教授)
2015.11.03
佐々木 裕之 副学長・所長・主幹教授(エピゲノム制御学分野)が2015年度秋の紫綬褒章を受章しました
2015.10.23
革新的先端研究開発支援事業インキュベートタイプ(LEAP)に「DOCKファミリー分子の生体機能と動作原理の理解に基づく革新的医薬品の創出」(研究代表:福井 宣規 主幹教授・免疫遺伝学分野)が採択されました