index_image
2008.10.01 から カウント 人目
バイオ研究者が生き抜くための十二の智慧
君たちに伝えたい3つのこと
細胞工学連載関連ファイル類のダウンロードページ
医学ラテン語講座

お知らせ

  • 【新着】 中山敬一教授が令和3年春の紫綬褒章を受章しました (2021.4.28)
  • 【新着】 洲崎悦生君(6期生)が順天堂大学医学部・生化学第二教室の教授に赴任しました。中山研から15人目の教授誕生です (2021.4.1)
  • 【新着】 川村敦生君(20期生、現・金沢大学医薬保健研究域医学系)の論文「The autism-associated protein CHD8 is required for cerebellar development and motor function」がCell Reports誌にアクセプトされました (2021.3.5)
  • 【新着】 東大理学部・黒田研との共同研究の論文「Trans-omic analysis reveals obesity-associated dysregulation of inter-organ metabolic cycles between the liver and skeletal muscle」がiScience誌にアクセプトされました (2021.2.15)
  • 【新着】 東大医科研・中西研との共同研究の論文「Senolysis by glutaminolysis inhibition ameliorates various age-associated disorders」がScience誌にアクセプトされました。われわれの開発した次世代プロテオミクス「iMPAQTシステム」が、とうとうトップジャーナルに掲載される日が来ました (2021.1.15)
  • 【新着】 清水秀幸君(PD)の論文「A universal molecular prognostic score for gastrointestinal tumors」がNPJ Genomic Medicine誌にアクセプトされました (2020.12.24)
  • 【新着】 仁田暁大君(PD)の論文「The autism-related protein CHD8 contributes to the stemness and differentiation of mouse hematopoietic stem cells」がCell Reports誌にアクセプトされました (2020.12.24)
  • 【新着】 東大理学部・黒田研との共同研究の論文「Transomics analysis reveals allosteric and gene regulation axes for altered hepatic glucose-responsive metabolism in obesity」がScience Signaling誌にアクセプトされました (2020.12.2)

更新履歴