index_image
2008.10.01 から カウント 人目
バイオ研究者が生き抜くための十二の智慧
君たちに伝えたい3つのこと
細胞工学連載関連ファイル類のダウンロードページ
医学ラテン語講座

お知らせ

  • 【新着】 東大医科研・中西研との共同研究の論文「Senolysis by glutaminolysis inhibition ameliorates various age-associated disorders」がScience誌にアクセプトされました。われわれの開発した次世代プロテオミクス「iMPAQTシステム」が、とうとうトップジャーナルに掲載される日が来ました (2021.1.15)
  • 【新着】 清水秀幸君(PD)の論文「A universal molecular prognostic score for gastrointestinal tumors」がNPJ Genomic Medicine誌にアクセプトされました (2020.12.24)
  • 【新着】 仁田暁大君(PD)の論文「The autism-related protein CHD8 contributes to the stemness and differentiation of mouse hematopoietic stem cells」がCell Reports誌にアクセプトされました (2020.12.24)
  • 【新着】 東大理学部・黒田研との共同研究の論文「Transomics analysis reveals allosteric and gene regulation axes for altered hepatic glucose-responsive metabolism in obesity」がScience Signaling誌にアクセプトされました (2020.12.2)
  • 【新着】 川村敦生君(現・金沢大学大学院医薬保健学総合研究科)の論文「Chd8 mutation in oligodendrocytes alters microstructure and functional connectivity in the mouse brain」がMolecular Brain誌にアクセプトされました (2020.11.5)
  • 【新着】 白根道子さん(現・名古屋市大教授)の論文「Protrudin-deficient mice manifest depression-like behavior with abnormalities in activity, attention, and cued fear-conditioning」がMolecular Brain誌にアクセプトされました (2020.11.5)
  • 【新着】 小野山一郎君(6期生:現・九州大学医学研究院)の論文「Loss of Fbxw7 impairs development of and induces heterogeneous tumor formation in the mouse mammary gland」がCancer Research誌にアクセプトされました (2020.10.7)
  • 【教授コメント】 2020年上半期だけでNature Communications誌に5報の論文を発表しました。うち4報は中山研出身者が第一著者です。これは中山研のユニークな教育方法の成果だと思っています。新たに中山研に参加したいという若い方を募集しています (2020.8.1)

更新履歴