中山 敬一 : Keiichi Nakayama : 教授

Tel: 092-642-6815 Fax: 092-642-6819
E-mail:

略 歴

学 歴
1980年 3月(18歳):神奈川県立湘南高等学校 卒業
1980年 4月(18歳):東京医科歯科大学医学部医学科 入学
1986年 3月(24歳):同 卒業
1986年 4月(24歳):順天堂大学大学院医学研究科 入学(免疫学専攻)
1990年 3月(28歳):同 卒業

職 歴
1990年 4月(28歳):理化学研究所 フロンティア研究員
1990年12月(28歳):ワシントン大学医学部 ポストドクトラルフェロー
1992年 3月(30歳):ワシントン大学ハワードヒューズ研究所 博士研究員
1995年 7月(33歳):日本ロシュ研究所生物学部 主幹研究員
1996年10月(34歳):九州大学生体防御医学研究所細胞学部門 教授
現在に至る

研究テーマ(仕事の内容)

1)細胞周期、特にp27を中心とする制御機構
2)ユビキチン化依存的タンパク質分解機構
3)タンパク質の翻訳後修飾におけるプロテオミクス

代表論文(数編)

Nakayama KI., Loh DY.
No requirement for p56lck in the antigen-stimulated clonal deletion of thymocytes.
Science, 257: , 1992.
Nakayama KI., Nakayama K., Negishi I., Kuida K., Shinkai Y., Louie MC., Fields LE., Lucas PJ., Stewart V., Alt FW., Loh DY.
Disappearance of the lymphoid system in Bcl-2 homozygous mutant chimeric mice.
Science, 261: , 1993.
Nakayama KI., Nakayama K., Negishi I., Kuida K., Louie MC., Kanagawa O., Nakauchi H., Loh DY.
Requirement for CD8 beta chain in positive selection of CD8-lineage T cells.
Science, 263: , 1994.
Nakayama K., Ishida N., Shirane M., Inomata A., Inoue T., Shishido N., Horii I., Loh DY., Nakayama KI.
Mice lacking p27(Kip1) display increased body size, multiple organ hyperplasia, retinal dysplasia, and pituitary tumors.
Cell, 85: , 1996.
Miyamoto A., Nakayama K., Imaki H., Hirose S., Jiang Y., Abe M., Tsukiyama T., Nagahama H., Ohno S., Hatakeyama S., Nakayama KI.
Increased proliferation of B cells and auto-immunity in mice lacking protein kinase Cdelta.
Nature, 416: , 2002.
Shirane M., Nakayama KI.
Protrudin induces neurite formation by directional membrane trafficking.
Science, 314: , 2006.

趣味・特技

1)読書、好きな作家は、司馬遼太郎、塩野七生、藤沢周平、吉村昭、・・・
2)最近は、料理に凝っています

自己紹介・ひとこと

基礎生物学と医学の接点に位置するような研究を指向しています。出身学部は問いません。大学院教育はどこよりもしっかりやります。特に、思考力のある、独立した研究者を育てることを課題にしています。一緒に新たな未踏分野へ飛び込んでいこうという熱意溢れる若者を求む!