大型研究費・受賞一覧

2019年度

  • 池田 史代 教授(炎症制御学分野)が第16回(令和元年度)日本学術振興会賞を受賞しました。(2019.12.24)
  • 笹月 健彦 特別主幹教授(高等研究院、生体防御医学研究所・名誉教授)が日本学士院の新会員に選出されました(2019.12.12)TOPICS
  • 三浦 静 特任助教(器官発生再生学分野)が令和元年度 九州大学若手女性研究者・女子大学院生優秀研究者賞(九州大学女性優秀研究者賞(伊藤早苗賞))の【若手女性研究者部門】最優秀賞を受賞しました。(2019.10.09)
  • 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)「ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出」に「組織特異的ゲノム構造の再構築技術の開発」(研究代表:原田 哲仁 助教・トランスクリプトミクス分野)が採択されました。(2019.09.29)
  • 革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST)に「胎児・母体免疫クロストークによる生体恒常性維持と疾患感受性決定の分子基盤」(研究代表:福井 宣規 主幹教授・免疫遺伝学分野)が採択されました。(2019.9.26)
  • 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の革新的がん医療実用化研究事業に「RAS変異を有する難治性がんの新規分子標的治療薬の非臨床評価」(研究代表:宇留野 武人 准教授・免疫遺伝学分野)が採択されました。(2019.07.25)

▲ページ先頭に戻る

2018年度

  • 三浦 静 特任助教(器官発生再生学分野)が2018年度の井上研究奨励賞を受賞しました。(2019.02.04)
  • 佐々木 裕之 主幹教授(エピゲノム制御学分野)が2018年度の上原賞(研究業績褒章)を受賞しました。(2018.12.21)
  • 中山 敬一 主幹教授(分子医科学分野)が平成30年度の安田医学賞を受賞しました。(2018.12.08)
  • 中別府 雄作 主幹教授(脳機能制御学分野)が2018年度の日本遺伝学会木原賞を受賞しました。(2018.09.20)
  • 中山 敬一 主幹教授(分子医科学分野)が平成29年度の小林がん学術賞を受賞しました。(2018.06.16)
  • 科研費・特別推進研究に「多階層オミックスによる卵子の発生能制御分子ネットワークの解明」(研究代表:佐々木 裕之 主幹教授・エピゲノム制御学分野)が採択されました。(2018.04.25)
  • 科研費・特別推進研究に「幹細胞における細胞周期の制御と代謝系との連関に関する総合的研究」(研究代表:中山 敬一 主幹教授・分子医科学分野)が採択されました。(2018.04.25)

▲ページ先頭に戻る

2017年度

  • 松本 雅記 准教授(プロテオミクス分野)が業績「定量プロテオミクス技術の開発と応用に関する研究」に対し、平成29年度日本プロテオーム学会賞を受賞しました。(2017.07.28)

▲ページ先頭に戻る

2016年度

  • 山崎 晶 教授(免疫制御学分野)が第52回小島三郎記念文化賞を受賞しました。(2016.09.30)
  • 戦略的創造研究推進事業(CREST)「統合1細胞解析のための革新的技術基盤」に「細胞ポテンシャル測定システムの開発」(研究代表:大川 恭行 教授・トランスクリプトミクス分野)が採択されました。(2016.09.16)
  • 文部科学大臣表彰「科学技術賞」を本研究所の2名の教授が受賞しました。(2016.4.12)
    • 山崎 晶 教授(免疫制御学分野)
    • 鈴木 聡 客員教授
      (防御システム再生学分野、2016年3月までゲノム腫瘍学分野教授、現神戸大学大学院医学研究科教授)

▲ページ先頭に戻る