第755回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)


下記の通り、中西 真 先生によるセミナーを開催致します。

 塩基配列の変化を伴わずに遺伝情報を変化させるエピゲノム制御は、主にDNAやヒストンの化学修飾が主な基盤となっています。中西先生らのグループは、細胞周期や老化におけるエピゲノム制御を中心に、世界的な業績を挙げられています。特にDNA傷害時にヒストンH3のThr11がチェックポイントキナーゼでリン酸化され、それがサイクリンの転写抑制を介して細胞周期停止を起こすこと(Cell 2013)は、当時大いに世界を驚かせました。エピゲノム制御や細胞周期に関する知見の最前線を知るにはもってこいの機会です。
皆様奮ってご参加下さい。

演題

DNAメチル化とDNA複製のカップリング機構

演者

中西 真 先生
東京大学医科学研究所
癌防御シグナル分野・教授

日時

2017年11月10日(金)  Nov. 10 (Fri), 2017
17:00~18:30

場所

病院キャンパス 生体防御医学研究所 本館1階 会議室
以下の地図の26番です。
(http://www.kyushu-u.ac.jp/f/30078/Hospital_jp-2017.pdf)

参考文献

Shimada, M., Goshima, T., Matsuo, H., Johmura, Y., Haruta, M., Murata, K., Tanaka, H., Ikawa, M., Nakanishi, K., and *Nakanishi, M. Essential role of auto-activation circuitry on Aurora B-mediated H2AX-pS121 in mitosis. Nat Commun 7, 12059 (2016)

Johmura, Y., Sun, J., Kitagawa, K., Nakanishi, K., Kuno, T., Naiki-Ito, A., Sawada, Y., Miyamoto, T., Okabe, A., Aburatani, H., ShengFan, Li., Miyoshi, I., Takahashi, S., Kitagawa, M., and *Nakanishi, M. SCFFbxo22-KDM4A targets methylated p53 for degradation and regulates senescence. Nat Commun 7, 10574 (2016)

Johmura, Y., Shimada, M., Misaki, T., Naiki-Ito, A., Miyoshi, H., Motoyama, N., Ohtani, N., Hara, E., Nakamura, M., Morita, A., Takahashi, S., and *Nakanishi, M. Necessary and sufficient role for a mitosis skip in senescence induction. Mol Cell 55, 73-84 (2014)

Nishiyama, A., Yamaguchi, L., Sharif, J., Johmura, Y., Kawamura, T., Nakanishi, K., Shimamura, S., Arita, K., Kodama, T., Ishikawa, F., Koseki, H., and *Nakanishi, M. Uhrf1-dependent H3K23 ubiquitylation couples maintenance DNA methylation and replication. Nature 502, 249-253 (2013)

Shimada, M., Niida, H., Zineldeen, D.H., Tagami, H., Tanaka, M., Saito, H., and *Nakanishi, M. Chk1 is a histone H3 threonine 11 kinase that regulates DNA damage-induced transcriptional repression. Cell 132, 221-232 (2008)

Tojima, Y., Fujimoto, A., Delhase, M., Chen, Y., Hatakeyama, S., Nakayama, K., Kaneko, Y., Nimura, Y., Motoyama, N., Ikeda, K., Karin, M., *Nakanishi, M. NAK is an IkB kinase-activating kinase. Nature 404, 778-782 (2000)

連絡先

生体防御医学研究所 分子医科学分野
中山 敬一 092(642)6815